携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

ユーザーページ

日記

選盤#2

'11年5月7日 12:38

Death - The Sound Of Persense(1998)

Chuck Schuldinerという、希代の天才によるバンドの7作目、ラストアルバム。
Deathっていうといわゆるデスメタルの草分け的存在で、プログレッシヴ・デスの創始者だと思っている。
急激なリズムチェンジとかジャズだのフュージョンだのを組み込んだりと、実験的素養の強いバンドでもあったし。
2枚目から4枚目が最も人気を集めているが、個人的にはこのラストアルバムが一番わけがわからなくて好きである。
ただここまで来ると、スラッシュメタルらしさが完全に薄れてるので、ファンの中でも賛否両論ではあります。
チャックは高音域のがなりからクリーンまで幅広くこなし、なおかつ聴きやすいギターソロを入れるなど、実験的な下地とは違って上物は結構とっつきやすいと思います。
高速のピッキングが恐ろしい…。楽器もみんなテクニカルで、好きな人は物凄く好きじゃないかなと。
ベースリフからじわじわ侵していくようなM-3は聴き込んだなあ。
後半のよくわからないまま投げ飛ばして終わる感じが好きですね。
最終曲はJudas PriestのPainkillerのカバーとなっており、チャックがハルフォード爺になりきっております。
すげえ楽しそうw

残念ながらチャックは2001年に逝去するのですが、現在まで存続していたらどんなアルバムを作ってたのか…というのは、みんな思いますよね。
Deathっていうと意外に後回しにする人多いんだけど、あえてこっからデスメタルに入るのもいいのかもしれません。
ただ、難点はテクニカル偏重主義になってしまうかもしれないという。

Spirit Crusher(M-3)
http://www.youtube.com/watch?v=xRyl_p1z9Nw

[広告]

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P