携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

ユーザーページ

日記

KAITOのカンタレラで韻を踏んでみた

'11年8月22日 17:05

hey no! 夢から覚めた時間の経過 
背にしたモノは正義か?悪か?
指先を這った視線は間近 確かな愛を刻んでました
叶わぬ恋に 溺れた本心 汚れた妄信 こぼした傷心
それでも愛され・見つめてた 二人はカイザレ・ミクレチア」

見つめ合う その視線 閉じた世界の中
(一つの為に 命を糧に)
気づかない振りをしても 酔いを悟られそう
(時代の風に 途切れぬ好意)

焼けつくこの心 隠して近づいて
吐息感じれば 痺れるほど
(夜風に消えた 二人の明日は 何処へ行ったのか?あの先か?
許せぬ愛を貫いた 聖杯へ注ぐカンタレラ)

ありふれた恋心に 今罠を仕掛けて
僅かな隙間にも 足跡残さないよ

oh no!一縷の時を沈めた閃光 身体の貞操 護る乙女よ
お前は俺の胸で眠れ もう永遠に覚めぬままで
鼓動のリズムに合わせて底へ 向かおう共に手を取り合って
流れる涙もそのままで 永劫に二人このままで




見え透いた言葉だと 君は油断してる
(抱きしめ夢へ 鍵秘め此処で)
良く知った劇薬なら 飲み干せる気がした
(辿れば楽園 絶たれた獄炎)

錆びつく鎖から 逃れるあても無い
響く秒針に 抗うほど
(指先絡め 二人彼方へ 離れぬ様にと強く握って 
薔薇の園に舞うシンデレラ 二人を誘うカンタレラ)

例えば深い茂みの中 滑り込ませて
繋いだ汗の香りに ただ犯されそう


(酷い痛みに歪んだ瞳 ひれ伏す床にこぼれた生き血
倒れたその身に重ねた想い 亡くさぬままに 消えないままに
最後と告げて紡ぐ口づけ 終わりを嘆いて 焼けるこの胸
どうかお願い 消えたりしないで,と 
叫ぶ言葉も空を裂き 尽きて
猛毒の牙に切られた糸は 行く宛無いままもがれた翼
何処へ消えてくと言うのだろうか?
知るよしも無いさ あの世への廊下)

ありふれた恋心に 今罠を仕掛ける
僅かな隙間 覗けば 



捕まえて


例えば深い茂みの中 滑り込ませて
繋いだ汗の香りに ただ犯されてる


(二人を襲った悲劇の連鎖 報われぬまま 失せてく欠片
愛は?闇は?はたまた先は?語る事は無いさもう二度とは
涙と痛みで刻んだ記憶 咲いては散った綺麗な飛沫
世にも悲惨な愛の結末 始まる事は無いのだと終わる) 

[広告]

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P